秋田角館にOPEN!\n店舗情報
こだわり食品 美容 健康食品
商品一覧
目的別で探す

最近チェックした商品

 

健康食品・はちみつのローズメイHOMEローズメイとは

ローズメイは、秋田県大仙市、奥羽山脈の麓に工場を構え、緑溢れる大自然の中で、薔薇とミツバチ産品を中心とした商品作りを展開して参りました。

現在ではミツバチ産品の健康食品や、ローヤルゼリーと薔薇をはじめとした植物成分の基礎化粧品のみならず「自然、安心、そして美味しい」こだわりの食品作りも行っています。

種をまき、芽が出て花が咲く。花は実をつけ、そしてまた種になる。私たちローズメイは、そんな自然のサイクルと調和した製品作りを志しています。そこに近道はありません。大輪の花を咲かせ実をつけるためには、愛情と手間が必要なように、自らの製品に愛情と手間を惜しみなく注ぎ、他には無い特別なもの、手にしただけで嬉しくなるもの、食べて、使って幸せを感じられるものを、今もそしてこれからも創り続けていきたいと願っています。

そしてその製品で、皆様のさらなる『健康で幸せな生活』のお手伝いが出来るのであれば、私たちにこれ以上の喜びはありません。
創業者の思いをかたちに
創業者である原田光治のライフワークだった薔薇の栽培。彼の薔薇への思いは代々引き継がれ、今では大自然に囲まれた奥羽山脈のふもとにあるローズメイ秋田工場、その敷地内に薔薇園を開設するまでになりました。
そこで蒸留した自社産のローズウォーターは、ラピ基礎化粧品の全種類に配合されています。
さらに近年はバラの花びらを使ったジャム作りにまで生かされています。
ローヤルゼリーから始まったミツバチ製品
ローヤルゼリーR240の製造と販売を開始してから40年。
今では良質の蜜蜂産品が採取出来る秋田の地で、ローヤルゼリーやプロポリスなどの健康食品から、ハチミツを使ったジャムやドリンクなどのこだわり食品まで、添加物を使わず丁寧に手作りで製造しています。

「ローヤルゼリーの開発風景」
玉川大学創業者 小原國芳先生 と ローズメイ創業者 原田光治

「新発売当時の蜂蜜濃縮混合ローヤルゼリーR240」

薔薇とミツバチ、その歴史
創業者原田光治は、昭和40年代当時、体調不良に悩まされていました。そんな時に出会った「ローヤルゼリー」。
まだあまり知られていなかった健康食品ですが、そのローヤルゼリーに自らが助けられた経験から

「日本の皆さんに健康・元気を届けたい」

との思いで、現在に繋がる通信販売を始めました。
これが、ミツバチ産品を原料としたローズメイ製品の原点になりました。

他方、原田光治のライフワークだった薔薇。伊豆高原に開設した薔薇園(現在は閉園)の園主として、90歳になるまで薔薇作りを続けました。そんな創業者のライフワークを、二代目の原田浩が形にします。

昭和60年には自由が丘に薔薇の専門店「ローズメイ」を開店し、社名もローズメイに。また薔薇関連の製品を多数開発し、ルームフレグランスやオードトワレなどの香り製品から、基礎化粧品ラピシリーズなど、現在のローズメイ製品に繋がっています。

創業者の思いは今でも、薔薇とミツバチ、この二つの柱を中心とした製品作りに引き継がれています。

ローズメイ秋田工場とその社員達

ローヤルゼリーの採乳風景

100年企業を目指して
ローズメイは今年(平成26年)創業60周年を迎えることができました。
これも当社製品を御支持いただいた多数のお客様のおかげです。心より感謝いたします。

「自然と調和した製品創りを通じて、お客様の健康で幸せな人生のお手伝いをする」

ローズメイは今も、そしてこれからも、創業当時からの思いを込めた製品を作り、皆様のもとへお届けいたします。
         
1955年6月 宮城県仙台市に「双洋物産株式会社」設立
代表取締役 原田光治
双洋式四季醸造システムを開発し、全国の酒造醸造工場に納入。
1968年1月 本社を東京都目黒区に移転。
1975年3月 玉川大学ミツバチ研究所との共同開発により、ハチミツ混合濃縮型ローヤルゼリーの開発に成功。
ローヤルゼリーR240として発売開始。
ミツバチ生産物との取り組み始まる。
1985年10月 ローズメイ商標登録
薔薇の香りシリーズ商品の開発・販売を開始。
伊豆高原に試験薔薇園を開設。
東京自由が丘に「自由が丘ローズメイ」開店。
1989年1月 代表取締役に原田浩が就任。
1990年3月 相模原市に食品工場(相模プラント)を建設。
ローヤルゼリーR240のほか、ハチミツを用いた食品の開発・製造を始める。
自社オリジナル商品の全てをローズメイの商標で統一。
1991年3月 画期的な超高濃縮調製ローヤルゼリーR370の開発に成功し、発売を開始。
1992年3月
同年4月
同年10月
「自由が丘ローズメイ」閉店。
相模原に商品センターを開設。
植物美容の第一人者 末富仁氏の指導により、ローヤルゼリー基礎化粧品の開発に成功。
R2APIS/ラピと命名し、発売を開始。
R2APIS/ラピを商標登録。
1995年5月 会社名を「株式会社ローズメイ」に変更。
1999年5月
同年8月
同年10月
秋田県仙北郡に自社養蜂場を開設。
同地に食品工場「秋田工場」を開設し、相模プラントの全てを移転。
ラピローション特許取得(特許第3008161号)
2001年6月 秋田第2工場を建設し、旧工場を第1工場として香り商品専用工場とした。
HoneyMadeシリーズの製造・発売を開始。卸事業を本格展開。
2004年6月 秋田県仙北郡太田町立北開工業団地内に秋田事業所を開所。
第1、第2工場を移転した。また、商品センターを相模原より移転し、製造から発送までを秋田事業所に統合。
2007年6月 秋田県大仙市の秋田事業所敷地内の薔薇園で育てたダマスクローズの花摘みから水蒸気蒸留による抽出まで、全てを自社で行い、100%国産のローズウォーター製造に成功。
2013年3月 代表取締役に原田青が就任。
2017年4月 秋田県角館駅前に初の直営店「ローズメイカフェ・ファクトリーショップ」を開店。
2017年11月 本社を東京都町田市に移転。

ページトップへ